dummy_tsc
MAR 24 SUNDAY
bayers blog press blog

北海道・東北

THE SUIT COMPANY バイヤーズブログ

THE SUIT COMPANY プレスブログ

howto
ONLINE STORE
google play app store
2016 20 OCT
こんにちは。メンズバイヤーの藤長です。
 
取材二日目、
本日も前回に引き続き、尾州地区の取材を致します。
 
この日お伺いしたのは、「宮田毛織株式会社」
尾州地区最大手ニットメーカーです。
若い方が大変多く、企画に力を入れておられるのが分かりました。
地域一番の売り上げを誇る企業は、やはり活気がすごい!
 
宮田毛織は、
昭和39年に丸編機を初めて導入してから
徐々に増大していき、
今では142台の丸編機を持っておられるそうです。
シングルニットをメインに、一般的にローゲージと言われる8ゲージから16ゲージ、
ミドルゲージと言われる18から24ゲージ、ハイゲージと言われる26から40ゲージまでを網羅しています。
 
ゲージ毎に針の大きさもこんなに違います。

f0dd78a700a236aa8e336a09f7207bcd1af34cac.jpg

a786a1a4994caa12d1c018354be2a6cc330b06b9.jpg

こちらが、今回お願いしたニット素材を20ゲージの編機で編んでいるところ。
左手の方がニット企画室室長の佐竹様
丸編みニットの生き字引的な方です。
 
1588年にウイリアム・リーが靴下を編む編機を発明し、
それを基本に進化したこと、針の機能や編の仕組みなど、
細かくレクチャー頂きました。

4cc8036fad68b04d74928ff861a34c8d56b2d638.jpg

7f3de7e12dbd0da3bd1dae5ec3705ea9a1958569.jpg
宮田毛織では、
一般的に下着やTシャツなどカットソーを主とする丸編機を使い、
スーツやジャケットパンツなどにも使える様に、
素材の開発を日々研鑽されて来ました。
 
需要としては
ミドルゲージで、高級車のシート素材、
ハイゲージでは女性用下着や、湿布用の生地などが多いとのこと。
 
一言でニットと言っても、
横編みや丸編があり、新潟や山形などではセーターを作る横編みが主流。

横編みでは、島精機のホールガーメントの様に
セーターの型になって出てくるものなど、
用途の違いによって編機も進化しているんですね。

今では、日本のニットは世界最高水準と認知されています。
業界では一般的に、「横編みをニット」、「丸編みをジャージ」と呼ぶのが慣習となっています。
ちなみにホールガーメントの原理は、軍手の編機を元に進化したとか。
 
宮田毛織の皆さま、ありがとうございます。
 
 
では、
尾州最後の食事と言うことで、、、

b550e2c07e96d4d751355632efcb2ac8ed3b14d7.jpg
やっぱり、ひつまぶし

なまずやさん

fa29a3c8a21bd9a63cb0a44a424df64aae44569c.jpg
美味し過ぎて
皆、全く喋らず、、、
食に集中すると、無口になるものなのですね。(笑)
 
ホント、美味しかったです。
ご馳走様でした。


9f0659862527352dbc150abd0791a8fb5ca80342.jpg

名残り惜しいのはやまやまですが、夕方から次の取材先へ移動します。
 
日本各所を巡る今回のバイヤーズブログ、まだまだ続きますが、
次回は11月中旬までしばしお休みです。

果たしてその意図は・・・?

また来月、お会いしましょう。お楽しみに!

CATEGORY: スーツ ジャケット&パンツ  雑誌掲載 

PAGE TOP
profile

店舗写真

THE SUIT COMPANY
バイヤーズブログ

newentry
Calendar

 2019 MAR 

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
archive
PAGE TOP