dummy_tsc
OCT 23 THURSDAY
bayers blog press blog

北海道・東北

THE SUIT COMPANY バイヤーズブログ

THE SUIT COMPANY プレスブログ

howto
ONLINE STORE
google play app store
2012 23 AUG
全14回にわたりお送りしてきましたバイヤーズブログですが、
いかがでしたでしょうか?
 
私がファッションに興味を持ち始めて様々な流行や時代の変遷を経験してきましたが、常に愛してやまないのがイタリアのファッションスタイルです。
作り手、売り手、買い手の一体感を感じます。
 
イタリアンファッションといえば、何か特別なものを想像しがちですが、実際の人々の多くは非常にコンサバティブで、クラシックな感性をとても重要視します。
そういった伝統や基礎をしっかり理解した上でのイタリアンフィルターに、多くの方々が心酔するんでしょうね。
 
 
ユーロ危機、不動産税の新設に依るリテールショップの廃業などアゲインストはまだまだ
続きますが、少なくともイタリア人のクリエイティブに対する自負、新しいものへの探求心、クラフトマン達の誇りは感じる事ができました。
 
ラストの本日はイタリアの美しい風景とともに、
誇り高きクリエイター、クラフトマン達をご紹介します。
 
 
170c2dc06bc6a47ebed8efbe96ae978f44181bc4.jpg
ご存知ユーロスター。
ミラノからフローレンスまで昔は四時間、今は二時間半。
日本の新幹線ほど時間に正確ではありませんが…(笑)
それもまた、イタリアですね。
 
 
 
1cbbc77b2e0037223b4555b0769158648a19a89e.jpg
サンタマリアノベッラ駅前の広場
建物の多くは石造りで、地中海の湿度の低い気候と相まって、気温の高い日でも木陰や建物に入ると驚くほど涼しいです。
 
 
 
4bd64a698a45936f7b2a6acc9853e1b7d272cae4.jpg
フローレンスの路地裏から見上げる空
 
この日の気温も40℃近くありました。
雲一つない美しい空です。
 
 
 
53c5fc4687894126c371c697da582ceb9d99eb71.jpg
BVLGARI前の交差点
この裏にフィレンチェのドゥオーモ(大聖堂)があります。
観光の名所であり生活道路でもあります。
 
 
 
47b7a513ae0b9f6cdf0ac47339e610b7339fe708.jpg
merry go round
年中、子供たちの歓声が響きます。
 
 
 
a89ef2092e82ef7ef0a787fc8cfba4493bed1771.jpg
観光地としてのデモンストレーションなのか、
時々、こういったPOLICEと出会います。
 
 
a8d572e48098e38431231c6478430092b1794b5f.jpg
ピッティ会場の中にある広場。ちょうどお昼時でした。
日本では考えられないですね、何しろ仕事中ですから…。
癒されますね。
 
 
 
663bd208d6b09303e5cf7c32c8b848473767d4c7.jpg
重鎮PRIMOさん
白髪とシルクリネンのジャケットが美しいハーモニーですね。
 
 
 
c89990c881adac7244863c36bb5b01ffa124b907.jpg
パルマの重鎮、BOMMEZZADRI groupのヤングブランドERNESTOデザイナーです。
 
コレクションのメインはプリントのジャケットでした。
ストライプジャケット+チェックパンツを難なくクリア!
抜群のセンス!
ネクタイの小剣をずらしたり、モンクのストラップを外したり、ダブル前をはだけたり
この国のファッショニスタはとにかく計算高い。
 
スナップに快く応じてくれました。
 
 
e23f4aefd8dd7eb94fc85b212820d583983c1721.jpgBRUNELLO CUCINELLIのクチネリ氏。
 
ニュアンスカラーコーデはCUCINELLIが震源地ですね。
氏の着こなしもさすがです。
 
 
7abc466461418970e66f9e775fd57ed832f8d48a.jpg
全身黒のリネン。ストイックです!
NYからきたそうです。
ハンドメイドのネクタイ。価格は6万ほど!
 
 
 
cfeee078f2e6b5e961785c1e6c2597a0429197c9.jpg
道を究めるクラフトマンたち。
仕事への情熱と誇りを感じました。
 
 
 
 
ファッションの方向性は様々でやや混迷していますが、ファッションを社会文化として提供することが私たちの使命です。
そのためには私たち自身がより、ファッションを楽しむ事、そして多くのお客様にファッションの楽しさを伝えていく事、シンプルですがこの事が何より大事だと思います。
 
 
14回に亘りお届けしましたバイヤーズブログをご覧いただきました皆様、
ありがとうございました。
これからも、皆様に喜んでいただける商品をお届けいたします。
 
1a35b2436f0c7d1a0f76c3885ff79b9880b3432a.jpg

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 22 AUG
NUANCE COLOR COORDEについて。
 
 
 
43317dcbf7795f4c07f092e080180aec60b93825.jpg
このようなNUANCE COLORは今年注目です。
乾いたアスファルトのグレイ、サンドベージュ、オフホワイトのミックスカラー。
同じ色に染色しても、異なる素材ごとに微妙にニュアンスが変化します。
そんな微妙なニュアンスをワントーンでコーディネイト。
チャレンジするならバッグ、シューズ、ベルトまで完璧に。
ナチュラルに見えて実は計算されつくした上級テクですからね。
 
 
 
d6419400b9aa415e067a498593b9f6dc46cdb155.jpg
NUANCE COLOR
グレイといっても濃淡で表情が全然変わります。
 
 
 
67b55bcf2e282b4b23d343c145e02937b153463d.jpg
MONTEZEMOLO
 
 
 
b493a3eac46ae7b3eb6f891e9bf91f08121cc0c7.jpg
これぞNAPORI。
玉虫色の光沢持つクラシックな素材を、特にカンジャンテと呼びます。
繊細な光沢を写真ではっきりとお伝えできないのが残念ですが…
 
 
 
034917e4c1f3d10fad1532d7f8af72c521e1d7dc.jpg
CORNELIANI
サファリイメージのデザインジャケットをアーバンなスタイルで提案。
カブリオの車が似合いそうですねえ。
 
 
 
d083429cf4558460d9222e77e434d7455bb223e6.jpg
BRUNELLO CUCINELLI
NUANCE COLORはクチネリの専売特許。
早くもバッチリ冬物のディスプレー。
 
 
 
 
イタリアからお届けしたひとつの方向性。
商品の一つ一つは決して新しくなくても、順列組み合わせが無限に拡がるのが
スタンダードの世界観。
流行が過ぎ去ったあとも、単品として活躍します。
 
 
今回の旅で買ったもののご紹介。
0d1e26e8a905141fc9915207ef17d88f3a2c63e2.jpg
SANTONIのフルブローグ、ラフなアッパーとブリックソールのコンビネーション。(E 395 E=ユーロ)
A.damicoのライトウォッシュニュアンスカラーベルト。(E 95)
安物のGRAYプリントバンダナ。(店の親父さんがおまけでくれました)
フローレンスの名門セレクト、MILORDでうりゃ~っと購入してきました。
 
この他、boligioliのGLAY.BAGEのリネンジャケット(E 680)、i con BAGEのコットンパンツ(E 195)も併せて買いました。
(値切り倒して全部でE800、ゴメンねありがとう。)
 
 
MILORDは150平米程度の小さな店です。
今回、接客頂いたのは70歳位の長老、多分現オーナーのお父さんだと思います。
実は店に行くまで、何も欲しいものが無かったのですが、僕がピッティ関係者だと見抜くや否や、以上の商品をテーブルの上にバサリ、ドサリ!
爺さんの眼は"どや?あんさんわかるか?"みたいな…
 
素晴らしいですね。
 
 
イタリアの店頭で何も買わずに帰る顧客が呟く言葉は、
nonce nobitaノンチェノービタ
新しいものが無い…新しい考え方が無い…
 
決して売れ筋では無いシューズやベルトをキッチリ揃える事、客が何に不満を持っているか、変身願望はどの程度か?その一点に、対応しないでスモールショップの道は無い。
そう、考えているのが接客と品揃えから伝わる 、店と顧客のホットなコミュニケーション。
 
古臭い価値観かもしれませんがその根性に敬意を表して
親父さんおススメのニュアンスカラーコーディネートを全部買いました。
ファッションはなんたって、インスピレーション、その刹那の思い込みと興奮が大切ですからね。
 
 
いよいよ明日はバイヤーズブログラストです!
明日もお見逃しなく。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 21 AUG
いよいよバイヤーズブログも残り3回となりました!
 
今回はブログをご覧の皆さんに特別なお知らせです。
 
2012 A/Wより私たちのショップに、Blu e Grigio(ブルー エ グリージオ)
という新ブランドがデビューします。
英語ではBLUE&GRAY、長きにわたり世界中の人々から愛されてきたブルーとグレイの基本色。時代がどのように変わろうとも色あせることのないカラーコンビネーション。
クラシックな物づくりをベースに時代感をプラスして投資価値の高い商品を
シリーズで紹介していきます。
 
 
本日は、今回のピッティで特に目に留まったBLUEとGRAYについてご紹介します。
 
 
e2e8169a78e7cd1c10ae66064c601c071145ad1a.jpg
BOGGI
真夏のネイビーはやはりかっこいいです。
クラシコ万歳!
”凛とした涼しさ”は真夏のダークカラーの中にあったりしますね。
ダンディズムの基本かも知れません。
 
 
 
 
e0e501f8de16cac6ae649659eff7f140c29d0952.jpg
BOGGI
ネイビーをベースにした小紋タイとヘアーラインストライプのシャツ、
更にアシッドなフレグランスで夏のスタイルを提案。
 
 
 
3c6103c689c5c0af2ae8b36c1d6ae38913551918.jpg
FAT A MANO(HAND MADEの意)
英国の伝統をイタリアのフィルターでアレンジしています。
 
 
 
45980087a703f934b4db12a6dc323dcf61c30b50.jpg
トンボリーニ
ジャージーのジャケット。
 
 
1fe3e4c4144fd57d807dddcc050bdb359b6e89e3.jpg
トンボリーニ
こちらもジャージー。
ジャージーのコンフォータブルな着用感は日本でも多くのブランドで提案されましたね。
定番に落ち着くか、古いものとして滅びるか、テキスタイルの開発にかかっていますね。
 
 
 
9d90b42c02e5bbc962e0f0ecadb733d4d112d7d9.jpg
清楚な白、トーン違いのGRAY
 
 
 
カラーコントロールに定評があるMONTEZEMOLOがGRAY一色の
コレクションを発表してました。
 
e9360d8252b3dd4fb9913d2200b7f6b42b9b5f0f.jpg
MONTEZEMOLO
 
 
 
d6b7b23c0b4e5226428bcfb7319e8b0a123e9228.jpg
MONTEZEMOLO
 
 
14e057083582995c33b28953230e068cea4a680d.jpg
MONTEZEMOLO
 
 
GRAYは知性、BLUEは自然を愛する心、WHITEはフェアプレイ。
 
BLUEとGRAYは無限のコーディネートが拡がる。
ここまで世界中で愛されているCOLORはないでしょう。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 20 AUG
今回はショップファサードなどディスプレー中心にご紹介します。
 
 
1bf3e4cdbe3dd0d3f7d221ee78bf5ad5d8bc2722.jpg
Gray by monte zemoro
 
非常に通気性に優れた目の粗いポーラと呼ばれる素材に、大胆なウィンドペーンを配しています。ネイビードットのタイ、ホワイトシャツが知性的なコーディネイトですね。
 
 
 
f16c33899f565bbcf7bc77148fb6fad2525f7255.jpg
Navy by monte zemoro
 
ブルーのグラウンドにサックスとブラウンの複雑なチェックパターン、
ダブルブレステッドは復活の気配です。
重厚になりがちなコーディネイトの重さを、
リネンのポケットチーフで軽く、さわやかに加減していますね。
 
 
 
3e95c097a927df6d8a49347ccd317913d5066a2f.jpg
Check by monte zemoro
 
生成り×ブリック×ライムグリーンの大胆な配色のジャケット。
ハイウェストのシェイプ、大胆なカラーパンツのコーディネイトが
休日のドレスアップを盛り上げてくれそうです。
大胆な提案はこのブランドのアイデンティティですね。
 
 
 
0e4a8acbb865e04323b6e0ddbf383c8b9ff78f6c.jpg
先ほどのジャケットと真逆のシックなイメージ。
エクリュのリネン、カフェブラウンのグラデーションは、イタリア人が大好きな
カラーの組み合わせです。
誠実で繊細な人柄が覗えそうです。
 
 
 
b0302496494c7201c819fa03ee1b5701ab2d8461.jpg
レディースもやっぱり!!!
ブラウン×生成り×オフホワイトのグラデーション。
バッグやシューズも細心の注意を払ったアーバンリゾートスタイル。
素敵です。
 
 
 
f4628f46b4e4c05f9d3a0b3f562b5b60d9e501e7.jpg
モダンなカントリーテイスト
 
ノーフォークとハンティングをミックスしたデザインの、カントリーテイストのジャケットです。
 
 
 
e75bd2d62f472e301621eca2098399f5c9ea13ec.jpg
ジャージーのレイヤード
 
デニムシャツ、ニットタイ、ニットカーデー、ニットジャケット、ニットダッフル。
ニット、ニット、ニット…。
 
 
 
b972484ba960c3b1770d4f83b97ab47099eac661.jpg
日本でも人気のウオッシュドレザーシューズ。
イタリアでも多く見られました。
イタリアンはビンテージテイストが大好きです。
 
 
 
fc68a78712ae76e0b57c5aeefbb9aff65933d9cb.jpg
カラーは足元から。イタリアは水質が日本と異なるので発色の良さが際立ちます。
クロコダイルスタンプ、リザード、オイルヌバック、スエード…素材もデザインも多彩ですね。
 
 
 
 
96673984d94a22398ecba16c748a6fcc45007b7c.jpg
カラー熱はさらに続きそうです。
 
 
 
本日ラストに・・・
4d340e8193f3bf785522cc3d9606bdd448c67871.jpg
GELATI SARTORI
ミラノ一番の呼び声高い、ジェラート屋さん。
中央駅を出た端にあります。私はチョコとピスタチオのダブルが定番。
シチリア出身の二代目は顔は怖いが、新製品はいつもおまけしてくれます。
行かれた際は是非、ピスタチオをご賞味ください。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 19 AUG
今回の旅では、フィレンツェに入る前にミラノに立ち寄りました。
本日は、旅の醍醐味のご紹介です。
 
 
0d93b4d81d88839d1af986ea681567f87d9b0be1.jpg
ミラノ、コルソ ブエノスアイレスの名店、クアルタ カルボナイア。
カルボナーラとフィオレンティーナ(Tボーンステーキ)は随一。
ここより美味い店は行ったことがありません。
年間4~6回通っているので、日本の近所のすし屋より頻度が高いことになりますね。
十数年、同じものばかり注文しているので、今では向こうも勝手がわかっています。
 
 
cbdb934785e90fc2253e4bb651107407d9b7e31b.jpg
BIONDI SANTI からスタート。日本ではとても呑めません。
アテンダーさんの誕生日ということでお祝いです。
 
 
 
81b94d03947cf64cef9654f992d8f9bd94127798.jpg
直火焼きのブルスケッタ。
自宅で何度やっても、全然違うものが出来上がる・・・。
何が違うのかと聞いてみたが、ニンマリ笑われただけ。
全部違うということですね・・・。
 
76027be64699119fc4ccde289830ef0326674876.jpg
続きまして、定番のプロッシュート メローネ。
メロンはここからが旬。
甘みと塩味、一緒に食べるとどうしてこんなに合うのでしょうか。
スイカに塩かけるのもうなずけますね。
夏だけは、イチジクやマンゴーも勝てません。
みなさんは生ハムはドライなタイプとウェットとどちらがお好みですか?
 
 
1f682d8d17ec697800f36ec06c9d4fd20228f4f3.jpg
間違いなく、ミラノNo,1。お馴染みカルボナーラ。
サイコロ切りの焦げたベーコン、粗挽きのペッパーがたまりません。
 
 
cb4ffe736c3f887cc14b44a62db17d440cf735d3.jpg
とどめのTボーン ステーキ。
向かって右側がフィレ、左側がロース。
 
文句なしだが、年々食べる量が減っていくのが寂しい。
この日は2切れ・・・。私たちは6人で食べましたが、
隣のイタリアーノは同じ量をカップルでペロっと平らげてました!
さすがです。
 
 
2fd04f74bb2a6bf2d01190865328b5fb54b3b645.jpg
とどめの別腹、アッフォガート。
バニラアイスクリーム×エスプレッソ
絶妙。
 
 
楽しい夜でした。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 18 AUG
本日はsignorina(シニョリーナ:イタリアの女性)のご紹介。
 
 
 
381a46a28c2dbd897aeb31d7d88068eee1ccd03c.jpg
ナチュラルな中に洗練さを感じます。
 
シンプルなワンピースにサンダル、サングラス、バッグ、アクセサリーで自分を表現するスタイルが多く見られました。
 
 
 
f027bed803ac821e353d1fd21b9cf736786a6ed1.jpg
なにげ、さりげ、素敵です。
 
ボーダーは子供の特権でもビーチ専用でもありません。
伝統柄としてクールな大人にチャレンジしてほしいですね。
 
 
 
3f89338468276ec2ff036e9b3983c362bfcb44a4.jpg
ヒラヒラ、妖精みたいです。
 
 
 
d998a1eb8978166c6cfee9d6ea45bb1ea11add02.jpg
フランコ フェラーリのスタッフ、リザさん。
顔、ちっちゃ!
大きめのグレープフルーツ位しかありません。
とても可愛い。
 
 
 
e75e3fa65587342f604dec256b1e662f04e9c0f5.jpg
チョット信じられないかもしれませんが、
この派手な車はタクシーで、サーモンピンクのガウンの花帽子叔母さんが
ドライバーです。
 
愛するタクシードライバーのご主人を病気で亡くし、
その後を引き継いだと伺いました。
今もハンドル握りながら、愛した人を思っているんでしょうね。
 
乗りたかったけど、一台前でした。
 
それにしても凄い存在感。因みに、ハンドルとシートはイエローです。
 
 
e79eb2db8674551244cff7d783f5272deea5e0c1.jpg
Cruciani
かぎ針のニットワンピ。
 
ヨーロッパは7月中旬から8月末までサマーバケーションがあり、
上流階級も中流階級も関係なくバカンスに出掛けます。
 
そのバケーションの為の勝負服の提案。
 
大きなツバ付き帽、天然石のアクセ、リネンキャンバスのエクリュのぶっ込みトート、
編み上げのサンダル・・・
 
飾ってなくても見えてくる、お客様のイマジネーションを引き出す、雄弁なVP。
 
女性でなくてもワクワクします。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 17 AUG
本日はV neckでオーダーした商品をご紹介します。
 
その前にV neckについて。
V neckブランドを展開する伊EFFEBI社は、40年前にRODOLFO BONAVOLTA氏によって
設立されました。
 
来年度のテイストは、洗練さは変わることなく、
色彩の強い“アグレッシブ”なイメージからよりエレガントで穏やかなイメージへ。
 
スポーティブかつクオリティーの高いスタンダードなスタイルと
MADE IN ITALYにこだわるニットブランドです。
 
 
c4a232b1666901fdcf09c323c1ef1454caaa6d9f.jpg
コンピュータジャガードのニットジャケット。
こんな商品も円高だからこそ。
 
 
 
e962533b405a28e4477626f86a486e7e9625eae4.jpg
ビジネス用途には不向きだけど、休日用のリッチなカーデー。
リネンの良さが活かされてますね。
タックパンツやサルエルなどのリラクシングムードのあるボトムに
合わせてほしいです。
フロントカットは多少の調整をしてオーダーしてきました。
 
 
両方ともユニバーサルランゲージで展開します。
投入日は未定ですがお楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 16 AUG
今回のピッティでは、雑貨・小物が非常に充実してました。
従来、CORNELIANI、HUGO BOSS、ERMENEGIRDO ZEGNAなどの
ドレスクロージング中心のビッグメゾンが大きな専有面積を使用しますが、
カジュアル主流の昨今、未出店となっています。
 
そこにルームフレグランス・チーフ・バッグ・ストール・サイクルウェアなど、
様々な雑貨がたくさん展示されてました。
ファッションは、もはや着るもの、身につけるものではなく生活文化の一部、
生活全般をデザインすることがファッションビジネスである、という流れ。
ますます雑貨が輝くようになるでしょう。
 
 
5e18268ae437b72907a5d2d21a2cd0f29872b5d4.jpg
玄関、リビング、ベッドルーム。お部屋の香りはいかがいたしますか?
そんな声に引き込まれてついつい購入。
 
 
 
9b3487259b173707c1f84082992647dc66148d86.jpg
peroni
定番のコインケースですが、ハンドペイントのカラフルなカモフラ柄が新鮮。
クラシックアイテムをモダナイズするアイデアはこの国においては無限。
 
 
 
8e30b0369ae4975034fe06a233cc4ece3176862b.jpg
FRANCO FERRARI
日本でも人気のブランド。
斬新かつ、オリジナリティーのある図案、
細かな気温変化に対応する素材のバリエーション、
巻いた時の肌あたりとボリュームまでパーフェクトなプロフェッショナル集団。
引き続きコーディネートのアクセントとして、実用的な体温調整機能として
重要なアイテムになりそうです。
 
 
1d0ae3050874a3eb98c2022b193e8452ac288647.jpg
Cruciani
この国の男性はニットを非常に大事にします。
カット&ソーとは一線を画す、エレガント&リラクシング アイテムです。
どんなストレッチ素材もこのアイテムには敵わない。
特別な休日用に一枚欲しくなりました。
 
 
 
7e49e4447c53b37477bf657f4ef8319e12614859.jpg
英国、リバティプリントのブース。
小花の集積で描かれたユニオンジャックが美しい。
プリントは来シーズンのトレンドです。
スタッフは食事中でした。こんなのも展示会のひとつのカタチ。
 
 
 
c796c3a22aab104b2c4d2342257f2acfde76f961.jpg
頭が下がる、クラフトマンたち。むやみに値切ってはいけません。
数滴の水とポリッシャーで光沢を生む。
とにかく、顔が映るまでシュシュシュ・・・
摩擦の温度で光沢が出ると言っていました。
モヒカンの彼の指は90度に折れ曲がります。拍手!
道を究めようとしているのがわかります。
 
 
e0d7d03d7f3d2d14bbf57376856891a874000980.jpg
私も同じDE ROSA NEO PRIMATO乗ってます!
仕事ほったらかしで自転車談議の奥さんでした。
HAVE FUN TO RIDE!
 
 
 
7fc9e91efa32e4cbf0f797ce2fb971dae2c755b3.jpg
今回のNO.1イケメン。
アンティークバイクとウェアーのブース オーナー。
ウェアーのワンポイントは三輪車のマーク。
何故?と聞いたら、"みんな、ここから始まる"って。
昔のリチャード ギアみたいな顔して!
カッコよすぎです。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 15 AUG
今回はCOLORの打ち出しについてご紹介しましょう。
 
 
ea4460894c2507c5a552ef117654bc0fad1fc22c.jpg
 
会場ではアイテムに関係なく鮮やかなCOLORを楽しむ
ファッショニスタが目立ちました。
COLORは
・グリーン、ブルー、イエロー、ローズなどのストレートなスポーツカラー
・ライム、メロン、ストロベリー、レモン、ピンクなどのシャーベットカラー
・ライトグレー、サンドベージュ、エクリュなどのナチュラルニュアンスカラー
・インディゴの濃中淡
大きく分けるとこの様なグルーピングがあります。どのような色グループに対してもホワイトは重要な補色でした。
 
 
5a2d82caccf87fdf0be89eed762b47d936804654.jpg
大胆なCOLORを楽しむときは頑張りすぎないことが重要かもしれません。
 
 
16f18242203cee949349ef52782646ec111f33f9.jpg
カラーパンツを中心にファッションが形成されています。
 
 
f04c1bae3bc4101eb92914f51242bea050e80082.jpg
ORIAN SHIRT
夏の日差しに負けない鮮やかなCOLORがワクワクしますね。
 
 
 
a2af670bff8d65450ff16819751b581aeb1c144a.jpg
ALTEA
洋品、雑貨のカテゴリーではレトロなジオメトリックや小紋、フローラルなどのリバイバルが新鮮です。
 
 
 
84cb414de55c1d8d3ee9e8fc94116b0e16d4ef76.jpg
インディゴの流行も3シーズン目に入っていますが、ブリーチアウトの淡い色合いが新鮮に映ります。ドビーやジャカードの素材と合わせて変化に富んだ打ち出しが数多くみられます。
 
 
6e74fdc517a28c58e7c66cafd4232d62669df427.jpg
ERNESTのジャケット
クラシックパターンのインディゴプリントが新鮮です。
今回、個人的に一番欲しいと思いました。
 
 
47d05b29daa575ff9d4db00435ea4ba71cc48ed6.jpg
PANTSはさらにSLIMに!
ミリタリーなどは見られず、クラシックフィットのショートパンツ、細身のパンツが
主流です。
 
 
775a35ebcc9bf50775ca77c8f478aa1a1baca69a.jpg
MORE SLIM!
 
 
b3ff3308c417cd8efa760275a0eae6126afada1c.jpg
プリントのPANTS、かっこいいです。
こちらも今一番欲しいかも・・・。
 
 
ed63d4d779a1d700df478480b91f52fd997b5fdc.jpg
自分が好きなものを、素直に着てしまう。
良い、悪いは別にしてファッションを無邪気に楽しむ所から、個性が生まれますね。
日本人は似たようなスタイルが多い気がします。
これってどうなのかな?

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2012 14 AUG
本日は旅先の食事についてご紹介します。
 
12a02998df1a011a04ce3569b13fceb9da49be75.jpg
RISTORANTE CAMBI
たぶん、フローレンスで一番うまいTボーンステーキの店だと思います。
ここはそもそも、肉の卸屋さんらしいです。
この日は、ザ・スーツカンパニーのショップインブランド「ANTONIO LAVERDA」
の監修をお手伝いいただいています、アントニオ夫妻にご馳走になりました。
 
 
a1fa4c537cca10b779c2bb7a9a6f6616a60bec84.jpg
大根足バンザイ!
CAMBIの店内。100席くらいありますね。
地下に大型のワインセラーも。
 
 
70d2acd931006f06aa0520342f302f5182d35b24.jpg
特大Tボーン!
ほとんどアントニオ氏が一人で食べました。
モルト ボーノ!の連発です。(イタリア語で「おいしい!」の意です)
 
 
7d7f8d3b0f71d37357e12b8ec027e828dae2dac4.jpg
お会計中のアントニオ氏と奥さんのきみこさん。
きみ子さんはこのレストランのすぐ近く、
フェラガモ ブティックの出身だそうです。
 
ご馳走さまでした!
 
最後のクレームブリュレも美味しかったなあ・・・。
 
 
 
ミラノの食事風景も後日UPします。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
profile

店舗写真

THE SUIT COMPANY
バイヤーズブログ

newentry
Calendar

 2012 AUG 

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
archive
PAGE TOP