dummy_tsc
OCT 21 SUNDAY
bayers blog press blog

北海道・東北

THE SUIT COMPANY バイヤーズブログ

THE SUIT COMPANY プレスブログ

howto
ONLINE STORE
google play app store
2014 09 FEB
みなさんこんにちは。
全12回に渡ってお届けした「2014SS PITTI IMMAGINE UOMOバイヤーズブログ」、
お楽しみいただけたでしょうか。
 
最終回の本日は、旅の醍醐味やイタリアの街並み、そして今後のファッション動向についてお話し致します。
 
 
最終日のdinner。
プロシュート エ メローネ(生ハムメロン)
ブルスケッタ
レバーパテ
ほうれん草のソテー
Tボーン
カラメル…
7ddb8a9169aa0aa3c7291a616769b6a3f6440da1.jpg
 
ショッピング。
グリーンのプリントパーカーはパルプの強撥水素材。ドット柄を購入しました。
自転車用なので、少し大き目を購入。
73b473d4ae9018d9197fdf10c48927dff18df710.jpg
なんと、同行したメンバーも同じものを購入していました。(笑)
c5e91dd2a994ec925c7c728dac7cf011ae5c683d.jpg
 
 
午前4時。イタリアの夜明け。イタリアは闇が5時間しかありません。
この国には、日傘もアームカバーもキャディさんのようなサンバイザーも無い。
用意するのはサングラスだけ。素朴に目いっぱい、日光を浴びる。みんな、ソバカス。
それが、この国のチャームポイント。
1625b263f44f5b8b2055931b7be1abfd42d9e31a.jpg
 
最後に、今後のファッション動向について。
 
PITTIは世界中のファッショニスタの集まりなので、少し悪ふざけ過ぎるというか
やりすぎの感は否めませんが、そんなエネルギーがクリエーションの原動力となっています。
 
ザ・スーツカンパニー、ユニバーサルランゲージがみなさまにおすすめしたいのは、
それらのエッセンスをいかにビジネスシーンに活かし、“らしさ”を創り出すこと。
 
2月に入り、本格的に春物が店頭に並び始めました。
この会場のエッセンスがどのように解釈されお届けされているか…
ぜひみなさまの眼でご確認頂ければと思います。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 08 FEB
みなさんこんにちは。
ブルーエグリージオ梅田店マネージャーの寺西です。
私も今回初めてPITTIに同行しました。
貴重な写真もありますので、紹介していきたいと思います。
 
PITTIのパンフレットの表紙は、マニュエルリッツでした。
 
ユニバーサルランゲージでも2013SS(春夏)から取り扱いを始めたブランドです。
44320a9da825fcd3b6487f10a04a158c6d41583d.jpg
なかなか撮影の規制が厳しい中、自分が履いていたので沢山撮らせてもらいました。
最近、人気急上昇のボウタイです。
693ab5c427230fd5800f01638fbe7591662acdc4.jpg
キルトタッセルのコンビや旬のルームシューズが目に留まりました。
2be726b2601c34b40bccb082d4fd5a39f3facd7a.jpg
カラフルなリボンタッセルは非常に魅力的でした。
ff2d269c19940546b8fc2d989405efba3fce4212.jpg
一緒に行ったメンバーとのスナップです。
まさかの、ビアンコ クワトロ!(4人全員白!)
b5566ba6086adf4251fb9539743e92f76914899c.jpg
 
カノニコ社の訪問も大変貴重な経験となりました。
工場は壮大。オフィスはクレンリネスが徹底されており景観を含め美しい。
昔の織り機などが展示されており、歴史を感じました。
 
レダ社、カノニコ社の訪問については、自分たちが店で販売しているスーツやジャケットがこれだけの工程や技術を駆使して製品として仕上がっている事に、奥深さや価値を感じました。
 
PITTIは想像以上に刺激的で、ファッションに携わる者としてこれ程ワクワクするイベントはないと感じました。
世界中からのファッショニスタの来訪と、世界の名だたるブランドの出展は自分のこれからの仕事において非常に勉強になりました。
叶うなら何度でも行きたいです。
902ce3fb1163e1cc9566af5a92ba41ffc4874f49.jpg
 
明日はいよいよ最終回です。
ぜひご覧ください。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 07 FEB
みなさまこんにちは。
ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店マネージャーの大野です。
昨年のPITTIに私も同行しましたので、スナップ写真や会場内の紹介をさせていただきます。
 
まずは来場者のスナップ。
 
気温38℃のなか、ジャケット着用の根性、袖のまくり方、歩き方、仕草、様々な事を勉強できました。
 
未だにカラードパンツは人気ですが、日本ほど派手色は少ないのが現状です。
586a8078710a5111f6c33da95df35589bb871ebb.jpg
彼女は注目を浴びておりました。
2fa7f5bf8a7f3b9bb3686be0572a4cda24bade88.jpg
 
ベージュワンピが際立つ会場でした。
865eb94c9a70893c47dc7e1ea84483a10151c623.jpg63d6a709b69f3399669faae1f9827717bbc22a02.jpg97a5bf0c79dd4ff57a002f45169415a65ca7205e.jpg
続いて会場内。
ボウタイのプロダクト担当Silviaさんと。
a13398bfb6c41a61934f417162408d4664c29c18.jpg
ユニバーサルランゲージで昨年より取り扱いを始めたボウタイ。
丁寧な物作りとデザイン性で人気が高く、特にスリッポンシューズが大好評です。
0d22c3c7f62e1f91afd4d1ed1fd581ac8a31cb10.jpg
 
Belvest
撮らせていただく。
まさに土下座でした。(笑)
84290630d5dee230edd06e4916516406cba86a38.jpg
クラシコイタリアの重鎮。
まさか撮影できるとは思いませんでしたが、懐の深さから許可いただきました。
その心意気が、クラシコを重んじながらトレンドも取り入れる物づくりに反映され、
人気が高い理由にもなっている気がします。
25cf9c1793bbb18cc1adf0d112a2fe6e0bba1650.jpg
フィレンツェでセレクトショップと言えばベルナルド。
インコテックスとサントーニがセールになっており、その商品の豊富さから
目移りしてしまいました。
みんなやはり、ボトムスと、サントーニを試着していました。
ffc2540e6bd2fdd288120415f7f0f75576a615bc.jpg
ミラノにて。
かのブライアンバリー。
ユニバーサルランゲージ往年から近年までのブランドが大集合していました。
22dadb8cc1097521ed01758b2d344e102c1909c4.jpg
駅前に近づくと、、、コルネリアーニ。駅前立地。
さすがコルネリアーニ。高い技術と最高峰の素材を使用し、クラシコをベースにモダンアレンジを加え、素晴らしい物づくりを実施しているブランドだけありますね。
b30de8f35085aeee26ae579a9e5ac7ec6a46d7ee.jpg
 
街並みは歴史的建造物が昔のまま残っており、その中にトレンドファッションが融合しています。高いビルも国で規制されており、歴史を大事にしながら進化し続ける国であることが伺えました。
 
今回のPITTI同行では、大変貴重な経験をすることが出来ました。ファッションに携わる全員の憧れの地、イタリア。その地に降り立った瞬間の感動を今でも忘れません。PITTIでのコレクションに直に触れ、工場を訪れた時の蒸気での熱気、獣毛の匂い、完成した反物の素晴らしさ、どれをとっても忘れることが出来ません。
 
この貴重な経験を活かし、皆様にファッションを伝え続けてまいりたいと思います。
 
 
明日は、ブルーエグリージオ梅田店のショップマネージャーよりお届けいたします。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 06 FEB
みなさんこんにちは。
今回のPITTIに同行しました、ユニバーサルランゲージ渋谷店マネージャーの日下です。
PITTI会場で目に留まったファッショニスタ、そしてユニバーサルランゲージでも取り扱いのある生地メーカー「レダ」と「カノニコ」について、各代表の貴重なお話をご紹介します。
 
まずはおしゃれな来場者のスナップから。
上手く撮れておりませんが、やっぱりPITTIはファッショニスタがたくさんいました!!
着こなし、とても参考になります。
 
全体的なコーデも素敵ですが、パンツのシルエットに注目です。
スリムテーパードのパンツシルエットを非常に多く見かけました。
dc0749949b19a79abcc87472eb0f4665441cd8dd.jpg
肩掛けニットにスリムテーパードパンツ、シャツはパンツイン!!
ニットの挿しカラーが素敵です!
e4ac88c37112ae7231b6d7e1773291fde1bf148a.jpg
フローラル柄もかなり目立ちました。
シャツの第一ボタンをしっかり留めて、白キャンバススニーカーで全体のバランスを
“きれい目”に抑えているところがポイントですね!
0dcc700157250429521c80ef7b56d3cc1e2e4527.jpg
 
【レダとカノニコ】
いずれもビエッラ地区を代表する生地メーカーですが、工場見学にて各代表に今後の方向性を伺いました。
 
レダ
環境や素材のクオリティに力を入れ、ICESENCE(アイスセンス)など
新素材開発も進めていくとの事。詳しくは教えてくれませんでしたが、
WARM○○なども、今後出てくるかも…。
 
カノニコ
今後もナチュラルファイバーを中心としたコレクションになるとの事。
科学的なものを排除し、自然なものの良さを表現し、
ヴィンテージやオリエンタルな素材を提供していくそうです。
 
同じビエッラ地区に位置し、価格帯も近く、両社の個性が掴みにくい感がありましたが、機能素材にも益々力を入れようとしているレダ、あくまでクラシックでヴィンテージな物作りにこだわるカノニコ、という表現が出来そうなお話でした。
513376638d31d5daa47d888b94aafbe8a39879e3.jpg
 
PITTI IMMAGINE UOMOは世界のファッショニスタが集まると言われるほど、本当にお洒落な方がたくさんいました。
トレンドの素材やデザインを着ている人はたくさんいますが、この会場に来る人は“着こなし”が非常に上手。
今後ユニバーサルランゲージに来られるお客様にも、その上手なテクニックを伝えていきたいと感じました。
 
 
明日はユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店のショップマネージャーよりお伝えします。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 05 FEB
こんにちは。
MD担当の吉田です。
本日は、REDA(レダ)・CANONICO(カノニコ)社の工場見学の様子をご紹介します。
貴重な写真もありますので、ぜひご覧ください!
 
ザ・スーツカンパニーの主力素材メーカーの二社。
今日のザ・スーツカンパニーのスーツクオリティの礎を築いた実力の持ち主です。
13年のお付き合いです。
bddc8e811e895d404306c5f278aba85242d18f30.jpg
まずはレダ社のオフィス入口です。
場所はスイスとの国境近くのビエッラ地区。
6e1236b24ab4307b197b1635d75a2a4d811ebc83.jpg
レダ社に保管されている百年以上前の生地台帳。
この資料から様々なアイデアが誕生します。
268c78027f718c007aea32e57cdb00193fd569b2.jpg
歴史の重みを感じました。
40fbadbe4e8e66b4ceeb77898330d8f73bccee2f.jpg
この白い物体はウールの原毛。
これを巨大な釜に入れて染色します。
c5c2e13945f0d4f92cc16275e77d63720045fd35.jpg0cbcfccbc059efdaee99dc90f442ec294d066c97.jpgad8b51d35e1f4f4f41afafa2f7b438d09f099d8a.jpg
染色されたウールがこちら。
b8d25ff20b3557974c1cb0d88d216512356314af.jpg5adc634b4a32761181227102bc462646616a1e9a.jpg
先程の染められた原毛を引き伸ばして、紡いで糸にします。
4d43e1e64f0e8105b353f9797d652f803f274e9e.jpg0df51e2ba975f3d720b61a9025791d1107d98821.jpg
出来上がった糸を保管している倉庫。圧巻。
レダ社は、売れ筋順にすべてコンピュータ管理しています。
72707e22b1622a559c1962c47bd27b9c0958308d.jpg
出来上がった糸を織り機にかけて糸にします。
443bc228cb57016c7eb8942dbba38c0d57673f85.jpg
ちなみにカノニコは織り機に囲いを付けて、ホコリの侵入を防いでいます。
97b012ad9c1e3a186aed5b86c26324579973c4dd.jpg
このタイムマシンのような円形の物体はTシャツやジャージーなどのニットの編み機。
7b4ad51205cbf74d53859bbd77b10fa5ec889ae1.jpg
仕上げ。
織り上がった生地に付いた油などの汚れを洗ったり、
生地の表面に光沢の出る加工を施す工程。
a0cfa3f2ba68a3c7a5f00a8716c231924794ca81.jpg94092d7abc007d91615492fabab9a9a3b969fbfa.jpg
ラスト。
キズ・汚れ・色ブレなどの検反後、倉庫に保管および出荷。
722a396d75c27ef3e7271ead1b6523528c27748e.jpg600e743b1f026b54c80e149dd1e4e33a9c3c9d85.jpg2f31dd7f07ca2c9fe3afc0a6c3cf9359078a68cc.jpg
 
この二社は、環境問題にも力を入れ、排出される汚水の浄化にも取り組んでいます。
 
紫色の水が、染色工程で発生する汚水。
2db703ecedebb11d3691f96bcef6fe920beed2cd.jpg
バクテリアで分解し、フィルターを通して最終的に川に流します。
6644a498b2328f465f46e53547b3260bda875567.jpg
浄化された水を使い、池で鯉を飼っていました。
6d0ab210d711d24ad9ef1003afdbf25c6f1f304d.jpg
 
工場内には、一切ゴミが無く清掃が行き届き、一つ一つ全ての生地を丁寧に仕上げていくところが、レダ社・カノニコ社共に共通していました。
生地の品質への徹底した管理と自信が感じ取れ、機械化、コンピュータ化された工場内にはとても感動しました。
このバイヤーズブログをご覧いただいているみなさま。
レダ社・カノニコ社のスーツをぜひ一度、お試しください。
 
 
明日からの3日間は、同行したショップマネージャーよりお届けいたします。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 04 FEB
みなさんこんにちは。
ユニバーサルランゲージ、メンズバイヤーの神納です。
 
昨年のPITTIに私も同行しましたので、各ブランドや、目に留まったコレクションなどを紹介していきます。
 
まず印象に残ったのは、色の打ち出しとプリントの多さでした。
相変わらず鮮やかなカラー提案が多く、プリントは花柄、ドット、幾何学のバリエーションが豊富で華やかなムードでした。
引き続き、チェック柄やウィンドーペーンも目に付きました。
 
SIVIGLIA(シヴィリア)
7e8dff720dc5dfb622077fd3deae7d70dad2c999.jpg
どこかレトロで、ラグジュアリーなリゾートホテルをイメージしたブースでした。
5dc5ee66b75af3c3225c9a71c17c2c83829befd9.jpg
旬のプリントパンツを取り入れた、イタリア人らしいスタイル。
5c037663dea3d5abfdfdb575fe0d44181e3064d3.jpg
細身のシルエットとストレッチの効いた履き心地の良さに定評がある
パンツブランドです。
3ed7ad66084ee7b642a3c6c62c23eac8c560b8d5.jpgae2c9a54bff76414a6876b85d55cd39726431cb4.jpg
 
LARDINI(ラルディーニ)
アイコン仕様のジャケットを得意とするブランドです。
823cef07545b0de6b4215e2389f60ca73ce713e6.jpg
テーマは「mizaru,kikazaru,iwazaru」
洋服との関連性は聞かないと解りません…。
b230778df959c1e0c4e00f5adf950464794e5b9a.jpg33a8834e1d5194792937fc864c0a115d496f5d70.jpg
ISAIA(イザイア)
色の塊を作っての演出。
着こなしの難易度は高いですが、独自の世界とインパクトがありました。
a206186ffd74de34f815ab6f57193503a7453bfe.jpg
目に留まる鮮やかなミントグリーン。
c9200523439f3bdac049337efa89c6062bec5016.jpg
グレーとブラウン。
アクセントカラーはレモンイエロー。
f822a97aa5e50f7369d1f05367bb8d9d0cf04fd3.jpg
Bark(バーク)
古着屋にありそうな、スクールストライプのジャージージャケットが新鮮でした。
この無地を検討しましたが、値段が合わず断念。
2014AW(秋冬)では、NEW COLLECTIONをユニバーサルランゲージで展開します。
14af6dbfee20d86a66512a6123a0db4df0e61b72.jpg
シャツもそうですが、個人的にはワイドピッチのストライプが気になります。
293b475a4e0168b4cbeb8bfd01994d92ee61f150.jpg
 
絡み織り。
顔料プリントや製品染めで味付けをする。
凸凹のある織りとフェイドしたカラーが絶妙で、やはり目に留まりました。
リネンに代わるワードローブ。
0a1733df96c5af8ae6dc70cf182a46a114962e8b.jpga1c2fe48ec4bdce08a3788db71fd47457f3fea9e.jpg
ernesto
巨大クローゼットの中に整然と並んだ洋服と平台の上に雑然と置かれた洋服。
894b5b47d257f7988d7d651988f7abcddd58f814.jpg
平台の乱雑に散らかったジャケットは、自由に触ることが出来ます。3af2bdd48e2f9422c2f1a0d8227d22421c980269.jpg
素材選びが秀逸です。
欲しいです…。
a4ff2aae6e7f40eb0637266bc91cf4f59cf77758.jpg
 
サマーツイードやブークレ調の表面感のある素材使いや、
シルクやシルク混素材で変化をつける傾向も見受けられました。
洋服そのものだけでなく、演出や世界観、来場者の着こなしなど全てにおいて
アイデンティティーを大切にしているところは非常に勉強になります。
今後の仕事に活かしていきたいと思います。
 
 
明日はイタリアの名門「REDA(レダ)」社の工場見学の様子をお伝えします。
貴重な写真もありますので、ぜひご覧ください。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 03 FEB
こんにちは。
本日はPITTI会場内で目を惹いたアイテムをご紹介いたします。
 
やはり、プリント。
今、ここのパンツが断然カッコいいです。
“SIVIGLIA(シヴィリア)”
4ce0d4bf9eb5acb00d2c8fdf7794387347fc6ee0.jpgfe5cefd86c1661950867d93702922c40af995823.jpg
ここのカシミヤだけで一年間過ごすこと。
私の叶わぬ夢です。
本当に素晴らしいニッター。
“CRUCIANI(クルチアーニ)”
eae20d6c384a707ed7356858b87e1076b574edd7.jpg
老舗。
この手のシューズにキーパーを入れて一般の三倍の価格で販売するあたり、
老舗のプライドを感じます。
9dc2314733426b8312b037f8abed3a4d6054e746.jpg470b0810a091b3ac5dc3c3539220035fe3a9ec53.jpg1bb576f5e9b0d8efbedc2c3c6aa6a5bd70458f71.jpg
GTA.
トレンドには必ずカウンターがあります。
プリントトップを想定した、GTA.のパンツ。
圧巻の36色展開。
許されるなら、やってみたいものです。流石!
4ced918bb7f535f77f2b65d8500841d3ca701063.jpg
これでもかソックス(笑)
3862e98b74049e14254cb9bf5b903b9cd755d6fc.jpg
アルテア。
もはや、タイ無し。
75b60102169eee0e3c7479f03c27e4244b6093bf.jpg
ニット、ストール、ハット、アイウェア。
様々なアイテムでコーディネート。
54c62493c8e35cf0f9c74811f8527cd63a38e22b.jpg
今回のPITTI会場で一番、素敵なシャツ。
絡み織りに顔料プリントで、ポストリネンとなり得る素材です。
230fd63be0bc05bbf69a1035a6297678d0f0ced4.jpg
褪せたパステルカラーが良いですね。
ザ・スーツカンパニーでもぜひやってみたいです。
9476ed296f19b0645296a5ccd856912bf02fbe85.jpg
 
テーマが「バイク」ということで、会場内にはスクーターの演出もありました。
VESPAの復刻バージョンです。
89e260791d150e137560f473b92e1e49b4e907d2.jpg
Charche's
やはり、古き良き時代。
「華麗なるギャツビー」、みなさん見ましたか?
このシューズが売れる様になれば、バギーパンツの時代です。
61f1abc18fd030eba9fb627c66bd3eca0ab29867.jpg
 
明日は、同行したユニバーサルランゲージのメンズバイヤーからお届けします。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 02 FEB
みなさんこんにちは。
本日もバイヤーズブログをご覧いただきありがとうございます。
 
今回は、ザ・スーツカンパニーの人気ショップインブランド「アントニオ・ラヴェルダ」を監修するアントニオ・ラヴェルダ氏の新ブランドをご紹介します。
bed99d8c4162f8f272a16f73e13c9d1461416c08.jpg
アントニオ・ラヴェルダ氏は、かの有名な“Guy Rover(ギ・ローバー)”シャツの創業時のオーナーの実子。
現在はザ・スーツカンパニーのトータルカジュアルのデザインを監修するかたわら、自らのシャツのコレクション“A.B.C.L.(アーベーチェーエッレ)”を立ち上げ、今回からPITTIにブースを設け、世界にトレンドと世界観を発信していました。
bce09eccc73844591e4f9e90b7a1f6367b2cc7d8.jpg
セレクトショップのバイヤーにも顔が広く、ブースはとても賑わっていましたもで、
日本にもインポートされると思います。
75f2bb94d0ad74fb653739775b1ec4ecb0ef79cf.jpg
次回は、PITTI会場内の写真をたくさんご紹介します。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 01 FEB
みなさんこんにちは。
本日は、まだまだトレンドが続きそうなプリントアイテムをご紹介します。
 
プリントは大きく分けて三方向。
一つはフローラルのリゾート。(写真のような大柄)
d3ca6c678c9c192ff90a503795ddb1e418802862.jpg
もう一つはモチーフの小柄、小紋柄。
そして、ドットを含む幾何学。
モチーフはドビーとリンク、幾何学はジャカードとリンクします。
下の二つが本命となるでしょう。
 
 
では、PITTI会場内のプリントアイテムをご紹介します。
 
プリント、プリント、プリント。
c08425cea117bc3e710c26ed7afdedc6ad2bf860.jpg
 
タイもすべてプリント。
8b9ec3845b68eadf2c926de4a074b63b5de7360c.jpg
 
ジャケットもプリント。
プリントシャツのタイドアップは上級者にチャレンジして欲しいトレンドです。
2d15de2b8a6b250875cd602309348861ca1b9080.jpg
 
このあたりのプリントドレス、魅力的でした。
5b6b3f88d090ffd7554625452c0a7305220b405a.jpg
 
とにかくプリント。
まだまだ花柄。
ffb500c5771898bbdf03c7970079c351a7f94d4d.jpg
 
フローラルはスナップでも多く紹介しましたが、大柄なデザインから小花柄まで、
種類豊富でした。
83379bc861bad1fbab2cc0250b130eac650c6f7d.jpg
 
パンツもプリント。
f80469a619f488e198783251ce60bdbd9b1d07cd.jpg
 
ドットプリントも目立ちました。
2184bbc9f3781986aa50e08e2876e4fc731d193e.jpg4a2b5d0ea95289350c31d9a5286ae61ae0e48166.jpg
 
プリント×ワンテクニック。
ヒットの予感です。
86ad2a6be1f7ee8b71a0c9142c78f8d64e9def1a.jpg
 
花柄や小紋、幾何学をディテールに取り入れると今っぽいですね。
どんなアイテムでも、プリントデザインは必ずと言っていいほど見受けられました。
プリントアイテムをどこに入れるかは、人それぞれ。
春夏のコーディネートが楽しみになりますね。
 
 
明日のブログもお楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
profile

店舗写真

THE SUIT COMPANY
バイヤーズブログ

newentry
Calendar

 2014 FEB 

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
archive
PAGE TOP