dummy_tsc
JAN 17 WEDNESDAY
bayers blog press blog

北海道・東北

THE SUIT COMPANY バイヤーズブログ

THE SUIT COMPANY プレスブログ

howto
ONLINE STORE
google play app store
2014 10 JUL
みなさんこんばんは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
2015SS ピッティ・イマージネ・ウオモ バイヤーズブログ、本日で最終回です。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。
 
最終回は、私がイタリアの地で感じた今後のファッション動向、
そして少しですが、プライベートで購入したアイテムをご紹介します。
 
 
まず初日、イタリアで過ごす間に着る物を、
市内にあるアウトレットに調達しに行きました。
 
barbaのターコイズのアイスコットンのポロセーター。
編地はコンピュータです。
白のストライプパンツと合わせます。
d140aa97abb39f4a7d5d176882f80a198e0ed83b.jpg
ruggiero napoliのフーシャピンクのハンドソーンプリントシャツ。
ここのシャツは肩先のシルエットが◎
白いショーツに合わせます。
0b7a844da1c1d88881475f6427c8f05830510392.jpgSivigliaのなんでも無いサテンのベージュの5Pパンツ。
zanoneのなんでも無いアイスコットンのベージュのベスト。
白いTシャツに合わせます。
85dc277f09f1b6b5ee8a8949d474e2c62452031e.jpg
こちらはピッティにて。
ウールのストーンバイオウォッシュ加工スーツを購入しました。
有り合わせのコーディネートなので中途半端ですが…
風合いが流石。
トロン、ツルンとした、いい塩梅です。
6588c791e558205b7ce27de761ef5ea2a1d9c248.jpg
 
 
以上、九回にわたりPITTI情報を中心に今のイタリアをお伝えしました。
当社はブランド名の示す通り、スーツ中心のショップですので
昨今のPITTI会場のようにカジュアル化が進行することは少し淋しい気がしますが
そこはお互い、プロフェッショナル。
カジュアルのトレンドからでも十分に時代の流れや気分のようなものは確認できます。
 
今回の来場者のスタイルや各社の展示サンプルから最も強く感じたキーワードは、、、、
“ラグジュアリー&リラックス” “スポーツ” “レトロ&モダン”
 
カジュアルウェア―はホームウェア―やスペクテイターにみられるような
クリーンでリラックスしたスポーツテイストのウェアリングをラグジュアリーに
表現したジャージルックやカット&ソーの商品群が本命。
 
一方のテーラリングも、コーディネイトはシャツに代わって“T シャツ”が台頭。
ソフトコンシャスなメイキングのジャケットにレトロなプリント柄のパンツルック。
プリントは大柄のフローラルは減少し、一見無地の小柄が中心です。
 
カラーリングも昨年までの楽しい多色展開は影を潜め、
グレージュやベージュ、アスファルトなどの無機質なニュアンスのカラーリングで、
全体をワントーン、もしくは類似色で抑える大人っぽいコーディネイトが気分です。
 
ということで、、、
スーツも色や柄が前へ出過ぎない一見無地のマイクロパターンやシャークスキンなどの
控えめなものがいいかなと思います。
ワイドラペルのダブルブレストも旬です。
 
そうなるとフィッティングが重要ですから、当社のような十分な在庫を用意できる
大型のショップがスーツ選びにはやっぱり役に立つと思います、、、笑
 
f098f3f8dcac92628567e34390309809bf8701c1.jpg
 

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 09 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
本日は、お待ちかね、イタリアの絶品料理をご紹介します。
 
まずは朝食。
フルーツアソートにヨーグルトとマスカルポーネチーズのせ。
この日は胃が疲れていたので、
フルーツサラダとカプチーノで軽めにしました。
9ff45684b9725b91bb0de86e125584385a1369e1.jpg
つづいてランチ。
ピッツァ ナポリターナ
35cm以上あるのでハーフポーションにしました。
現地では小学生でも一枚ペロッとやっちゃいます。
カプレーゼ
届いたばかりのモッツァレラは、ミルキーで芳醇な香り。
美味しく食べられるのは、届いた日だけ。
f24d81ae8c9ff5e309f49742fd7059bc339133f9.jpg
カフェ アフォガート
バニラアイスクリームのエスプレッソがけ。
デザートとカフェの両方が楽しめる時短デザートです。
467cc61f67391c3376e4ff130a4c050e4e62a0ec.jpg
そして、ディナー。
ルッコラと生ハムメロン
5968f09b5ab68e176a99aa9d3527198d738c544f.jpg
伊勢海老のパスタ
シーフードにチーズをかけるのは良くないとイタリア人に言われましたが
そんなこと気にせずに、パルメジャーノをどっさりと。
edb1173953a8f478dce3a04dc16668dd006f59eb.jpg
ゴルゴンゾーラのパスタ
2869eca641d931efd8684b809bde607a5758b9f7.jpg
極上のトスカーナワイン。
「TINANELLO(ティニャネロ)」
f24bc7eba5578cb147e06837310008a2da5019c5.jpg
お馴染みのT-boneは撮り忘れました。。
ご想像にお任せします。
 
本場のイタリア料理はいつもたいへん美味しく、
今回も仲間と共に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
素朴なメニューでありながら、自宅では決して再現できない味です。
ごちそうさまでした!
 
 
明日は、最終回です。
少しですが、私が現地で購入したアイテムもご紹介しようと思います。
ぜひ、ご覧ください。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 08 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
今回は、2014春夏で初めてコラボレーションによりスーツを作成した
CARLO BARBERA(カルロ・バルベラ)社の工場を訪問しました。
「世界一美しい」と評される生地の秘密を、貴重な写真と共にご紹介します。
 
 
緑の木々と、純粋で汚染されていない水に囲まれた
モッソ渓谷の上流にある小さな工場。
dc4dd2613c14dc0e79953c4aca3a84486e079349.jpg18961a37f2523bd6382663ed540d9cba2361c5a1.jpg
岩を切り崩して作った地下倉庫の下には、
横を流れるストローナ川の水が引き込まれています。
19230edd2dd8b6c4e96033610d47442299ed8a19.jpgfb6d36ed6dafb057447a8b2827f5be7b8693a361.jpg
原毛で一年、糸で一年のエイジング。
室温18℃、湿度80%で二年間保管されて、
初めてバルベラの糸になります。
まさに、Slowear。
 
リラックスしてコンディションが高まった糸は、
旧織機のようなゆっくりとしたスピードで織り上げられ、
大量生産による生地とは違い、空気を含んだふくらみのある生地が生まれます。
 
三代目となるコッラード バルベラ氏。
d0def83135a38b65efe70ed1229272ec77aee2ce.jpg
バルベラの物作りについて、熱く、熱く語っていました。
bfc21f72e16f1370eb1b300d2d1d7c1784a3e6af.jpg
 
【ビエラ訪問後記】
約10年ぶりに訪れた山間の街“BIELLA”
いくつもの清流に囲まれた世界の毛織物の聖地です。
 
世界的なカジュアル化や地球の温暖化により
以前ほどこの聖地が躍動しているとはお世辞にも言えませんが、、、
 
少なくとも今回訪問した二社については
厳しい逆風の中で自らのドメインをしっかりと確立している事を
改めて確認しました。
 
ニュージーランドに自社牧場を有し、近代的な設備投資を積極的に行い、
クラシックな持ち味を残しつつモダンな時代のニーズに
柔軟に対応する力を持った“REDA社”
 
一方の“BARBERA社”は先達の教えと恵まれた自然環境を重視し
今も“SLOW”であること、“CLASSIC”であることの「粋」を言及しています。
 
この二社は市場へのアプローチの方法は全く異なりますが
以心伝心の“FAMILY”による運営を重視しクラシックを伝承すること、
自らが作り出す商品について絶対のプライドを持っている点において
しっかりと共通しています。
 
世界のアパレル、リテーラーはこのような生産者に対して
今までも、これからも、敬意を忘れてはいけませんね。
 
 
次回は“旅の醍醐味”。
美味しそうな写真と共に、ご紹介していきます。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 07 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
本日は、
お世話になっているREDA(レダ)社の工場訪問の様子を
貴重な写真と共にご紹介します。
 
まずは、レダ社の人々。
中央が社長のエルコレ、左がバイスプレジデントのフランチェスコ。
エルコレのいとこにあたります。
髪型は違いますが、そっくりでした。
まさに、ファミリー。
右はイケメン営業マンのダビデ。
c0e3dd50bf489c15f3c2b923b175964987570d99.jpg
つづいて…
玄関を入ってすぐ。
現社長のおばあちゃんの、おばあちゃんの、おばあちゃん(6代前でしょうか…)。
ボットおばあちゃん。
この人からビエラが生まれたそうな、、、
一時代を築き歴史に名を遺した「聖なる母」。
ルイジボット社も、ボット ジェゼッペ社も、レダ社も
著名なファクトリーは、さかのぼれば全てファミリー。
ビエラ地区の毛織物業者は、ボットおばあちゃんを今も崇拝しています。
ebf8b5076cacc228c810ae565e84ac58fa68cf32.jpg
 
1958年11月。
私の誕生月に作られたアーカイブコレクションを見せてくれた社長のエルコレ。
 
地球の温暖化がさほど進行していない時代。
毛織物はまさに防寒の趣。
毛も太く、密度・ウエイト共にたっぷりとしており、素朴で存在感があります。
洪水で多くの知的財産を失ったそうですが、奇跡的に残っていました。
共に生き残り、感慨深いです(笑)。
cd089d4e7309530050acff652b528804ed19ec50.jpg
工場内には、歴史を重ねた数多くの機械があり、
その中でも驚きのパフォーマンスで目を惹いたのがこちら。
7a605a45c7062e4de418176c49e82c33ff5e1dad.jpgビゴロプリンター。
この聞き慣れない名前の機械の正体は、、、
霜降りのグレー専用の染色機。
この海蛇のような篠を薄く細ぐ紡ぐと、
何ということでしょう!!
グレーのグレーの霜降り糸が出来上がります。
黒い柄の密度で濃淡を作り分けるそうです。
 
 
 
ユーロ圏内はもとより、アメリカ、ロシア、日本を中心に
世界中に素材を供給するレダ社が品質について絶対の自信を持つためには、
その国のあらゆる気象条件や生活習慣を熟知する必要があります。
 
この巨大乾燥機のようなものは環境試験室。
世界のありとあらゆる気象条件(湿度、気温、降雨、ドライクリーニング、ランドリー)
などを再現できます。
fff7d7f97b07dbc2041e219d5122ec489763296f.jpgスポーツウェア―分野でのウール素材の可能性について永らく研究し
前年度より進出に成功した陰には、このような科学的裏付けの蓄積があってこそ。
d06bc9a803deb7e4cba7c5474e6b822f2b44e9ab.jpgc44a024bd111963bcb0257c1e13d350e0e65ce04.jpg
我々もこの先進的な技術を評価し、
2014 秋冬のスペシャルなコート素材を依頼、発注してきました。
 
その名は“REDA COLD GUARD”
 
防風+透湿+軽量
アウトドアーやトレッキングロケーションで培った技術をビジネスシーンに転用。
都会のコートに必要な条件の三拍子を全て揃えた素晴らしい企画です。
発表は10月。
お楽しみに。
 
 
明日は、CARLO BARBERA(カルロ・バルベラ)工場訪問の様子をご紹介します。
ぜひご覧ください。
 

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 04 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
本日は、ミラノの街の雰囲気や、
ウィンドウをご紹介していきます。
 
高感度、ハイクオリティー、リーズナブルプライスで
最近話題のクロージングショップ
「SUIT SUPPLY」がミラノに上陸しました。
オランダ、アムステルダムが本拠地です。
 
カジュアルブランドはイタリア以外からの参入も多く、
しっかりとイタリアに根付いた感じはありますが、
テーラードクロージングでどこまで肉迫するか
注目していきたいと思います。
 
CARLO BARBERA SUIT €350~
ORIGINAL DRESS SHIRTS €60~
430b41bc1f321768362c3bd9ed631b047f4e1e89.jpgb36c75b914187959fc60f668e7ddfbfcda0fbd39.jpgbf86c939c31e4cfb973ad5b6b09cbd0bd316a275.jpgfbb900cfb5c54354a483edf840205f530b7502db.jpg
 
シーズンごとに思い切った打ち出しで楽しませてくれる
「MONTEZEMOLO」。
 
カラーテーマのはっきりした打ち出しと
カラー毎のファブリケーションが楽しい。
消費者がリアルに反応するかどうかは別として、
勇気ある意思表示に拍手です。
d58cf2550404c4d3447b0e809c12db05cb3f9114.jpgaea5483f469a2405b9b5c47dc0da9ffab47ca101.jpgb640e9c9f216da7387657f15a71b0900b8f9196d.jpg1cd6314b9f39d6e71ec4a7a796b1800eb7ce9df8.jpg
 
つづいて、街並み。
イタリアンスカパラダイスオーケストラ?
演者も聴衆も“楽しむ事”に貪欲です。
d4b554f0682beceb89b7bdff5edf185b4e5f9e03.jpg
ブラボー!!!!
125a465a2ec412711a8f2e3f4239045d984ad816.jpg
広場の抜ける青空。
昨年は40℃ありましたが、今年はカラッと晴れ、
過ごしやすい天気でした。
f9a46fe7c52dfba01352ee4e1315f37d54b4e239.jpg
木漏れ日。気持ち良かったです。
12c66bfb67ebfd4c3470e3ec91d41db30ca25d40.jpg
 
ミラノのセレクトショップの成功者と呼ばれて久しい、
ブライアン&バリーが、ビルの一棟買いをしたので見てきましたが…
232530d5628fae85aaa9d4a53cbd43ef92347d5a.jpg1F 喫茶
2F 雑貨
3F 健康食品
4F ジュエリー&ウォッチ
5F.6F レディース
7F.8F メンズ
 
洋服の売り場面積は以前の半分になっていました。
しかも最上階。
洋服屋としては少し淋しい方向性です……
 
明日は工場訪問の様子をご紹介します。
ぜひご覧ください。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 03 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
本日は、ユニバーサルランゲージ用に発注した商品の一部をご紹介します。
 
ピッティ会場のすぐ近くに本社のある“SOHO”。
“Marine with Twist”がこのブランドのテーマ。
“ゆるくてカワイイ”ニットとカットソーのコレクションです。
5111673a17bb273b12c7d44eb977e7d7125f6c8e.jpg2abb79173e449b37838f964e5e4294b9c7bc3495.jpgf60177b0bf1ef6250847616e5971db57be3f60df.jpg2e1056ad2da7ca4cf7c192b13780f00804c53a93.jpg01afb159613744aed6d10617a90abba6aebf97a6.jpg
つづいて、マリンパンツ。
1ff57c18612d743e3a490d4f019be047890e1249.jpge00551cdb35f8a16b0245f43de2e8831831d0693.jpg
 
ラグジュアリー&リラックスをテーマに
ピュアカシミヤと上質なコットンにこだわり続け、
世界のセレブの日常着として愛されるブランド
“CROSSLEY”
 
ユルいムードのカジュアルが主流でした。
リビングやソファでくつろぐホームウェアのイメージから、
少し外に出てもパジャマとは異なるエレガンスを感じる
素材感だったり、デザインだったり。
 
スーツ×Tシャツ×イージーパンツなどは
大きな市場性はないだろうと思いますが、
個人的には好きなルックスです。
Tシャツブームが来そうなので、発注しました。
cb54c2e75fa01289ec53bfbd3136219800533ea5.jpg285a455c368e5161b99f493bad7f66c76257117b.jpg966e8e8673f462b96d215e1a92083e5e31b5cf3f.jpg577db8a58df13b064f35805546882fc0766f54c8.jpg
 
ニットの拡大とカット&ソーの復活が期待されるシーズンになりそうです。
ベーシックなTシャツだからこそ、物作りは難しいのです。
 
2015年の春夏、ぜひ楽しみにしていてください。
 
 
明日は、各ブランドのウィンドウやミラノの街並みをご紹介します。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 02 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
第三回の本日は、ピッティ会場内の様子をご紹介します。
 
カジュアルなボトムやデニムの美しいシルエットで
定評のあるSiviglia(シヴィリア)。
来春の素材トレンドは“サーフェイス インタレスト”。
表面に変化を付けた素材の総称です。
 
ジャカードやドビーなどの特別な織機で織られたものから
特別な意匠のある糸で作られた表面の変化など様々です。
 
テーマは“レトロ”と“モダン”の融合というところでしょうか?
古いものを大事にしながら常に進化と変化を求めるのがラテンの趣。
イタリアンファッションの永久不滅のテーマです。
852d78fed153d498c10fa8fb47e604af51cbf402.jpg7ff5e5e58a1e89717081a0ee6402328b66e575ae.jpg5f99aa4b74f518dc7d33d32ec571cdee219f88e7.jpg
 
商品だけでなく、床・壁・天井までレトロ&モダン。
日本のインテリア業界もこのテイスト、
学んで欲しいです。
ecdfa48e3ff522a2b1d8d340dcbc6f5d60c9fe4c.jpg
 
 
明日は、実際に発注してきた商品をご紹介します。
ぜひ、ご覧ください。
 
 

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
2014 01 JUL
みなさんこんにちは。
クリエイティブ・ディレクターの水谷です。
 
今回もピッティに訪れたファッショニスタたちのスナップを撮影してきましたので、
ご紹介します。
 
 
ホワイトコーデ。
日本でも“白パン”が人気ですが、来年あたりはジャケットやトップスにも
“白”再焼の気配です。
46280baa3adb644edb1e6d43429c05f94146a07f.jpg90c788c11ff4059280efb44f7baeaa27cfa24350.jpg
プリントは健在の様子。
ベージュの男性は大胆な百合の花(フィレンツェの市の紋章)。
ブルーの男性はスタンダードなドットですが、
上下で迫力を出しています。
2ブロックのヘアスタイル、
左右色違いのエスパドリーユでやる気満々ですね。笑
21236ca5fdb2496efc98b735962849553ae2d812.jpg7a930b640efd145288867946d5eb9220021f5257.jpg
 
こちらの二人は共にショートレングスのダブルブレストのジャケットで。
ジャケットのインはTシャツ×オッドベスト、
もう一人はオフホワイトのドレスシャツ。
飾りすぎない感じですが、アクセサリーの使い方やフィット感、
ボトムの丈や色のまとめ方など上級リアルコーディネイトです。
 
テーラードジャケットのインナーとしてのTシャツ合わせは
年末の日本でも期待できるルックになりそうですね。
40ccd6e9a4eb797ee48d2ca02dd70cf2f9d1d211.jpg
個性的な大柄プリントのボトムですが、
全体をモノトーン調にまとめることで
嫌味な派手さを感じませんね。
アクセルとブレーキの使い分けが上手で、
お手本にしたいバランス感覚です。
自分の個性を知るところから
ファッションはスタートしますね。
568a41faa4e6ba45fcf91c3ec5b7471a4060a3af.jpg
 
ピッティ会場はプレゼンされている商品以上に、
来場者のファッションが楽しいです。
入場口で一日中見ていても飽きません。
 
 
明日は、
ピッティ会場内で目を惹いたブランド、アイテムをご紹介します。
お楽しみに。

CATEGORY: 指定なし

PAGE TOP
profile

店舗写真

THE SUIT COMPANY
バイヤーズブログ

newentry
Calendar

 2014 JUL 

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP